ブログトップ > カテゴリ - バックテスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > カテゴリ - バックテスト

MT4でバックテスト

 バックテスト用の為替履歴が整いましたら、いよいよバックテストです。MT4のツールメニューの中から「Strategy Tester」のアイコンをクリックして、「テスター」ウインドウを開きます。次に「テスター」ウインドウの「セッティング」メニューを選択して、「Expert Advisor」のメニューバーの中にATS005のプログラム名があることを確認します。もし無ければMT4のフォルダの中にプログラムが保存されていない可能性があります。保存するフォルダについてはこちらで説明しました。Expert Advisor:ATS005と選択して、「通貨ペア」を選びます。下の図ではEURUSDを選択しました。モデル:Open prices onlyと選択します。「日付と時間を使用」にチェックを入れ、テスト期間の「開始日」と「終了日」を設定します。テスト期間は為替履歴の最初のデータ2001年1月1日以降のものになります。「期間」でM1を選択して、最後に「スタート」ボタンを押します。
 バックテストの結果は「テスター」ウインドウの「結果」「Graph」「レポート」の各メニューで確認できます。

続きを読む

スポンサーサイト

ブログトップ > カテゴリ - バックテスト

MT4にバックテスト用の為替履歴をインポートする

 バックテスト用のデモ口座の開設が完了したら、次はバックテスト用の為替履歴をMT4にインポート(取り込み)します。まず、為替履歴を最大限取り込むために、ツール(T)→オプション(O)→チャートタブを開き、ヒストリー内のバーの最大数を9で埋めます。これでバー数は最大値に設定されます。
 次にツール(T)→History Centerで取り込む通貨ペアの時間足を左側から選択して、右側に為替履歴を表示させます。この為替履歴はFX会社から配信されたものなので、全てを削除します。削除する方法は右側に表示されている為替履歴を全て選択して「削除」ボタンを押します。
 削除されましたら今度はバックテスト用の為替履歴を取り込みます。「インポート」ボタンを押すと、新たにインポート用のウインドウが表示されます。そのウンドウ内の「Browse...」のボタンを押して取り込む為替履歴を選択します。取り込む為替履歴は前に削除した通貨ペアの時間足と同じ時間足のデータです。為替履歴を選択したら最後に「OK」ボタンを押し「閉じる」でウインドウを終了させます。

ブログトップ > カテゴリ - バックテスト

バックテスト用にデモ口座を開設する

 バックテストで使用する為替履歴をMT4にインポート、つまり取り込むために新たにデモ口座を開設します。トレードを行っているMT4の口座にはFX会社から配信される価格が為替履歴として取り込まれます。この履歴と「Forexite」サイトからダウンロードしたバックテスト用の為替履歴は異なります。よってFX会社から為替履歴をダウンロードしてしまうとバックテスト用の為替履歴との整合性がとれなくなってしまいますので、それを避けるためにバックテスト用のデモ口座を用意するわけです。そして、FX会社のサーバーからの価格の配信を受けないようにするためにオフラインにしてMT4を動かします

ブログトップ > カテゴリ - バックテスト

バックテストで使用する為替履歴を整形する

 前回の説明で、バックテストで使用する為替履歴は「AutoForexite」というツールで自動取得する方法を説明しました。
 バックテストにはできるだけ正しいデータが必要ということで、「Forexite」のサイトからダウンロードしたわけですが、残念ながら自動取得したデータにも欠落している箇所があります。今回はこれを修正するツールを紹介します。「CandleStickEditor」です。このツールはデータの欠落を補正するだけでなく、取得した1分足のデータから他の時間軸のデータも作成します。さらに夏時間にも対応している便利なツールです。このツールは無料で利用できます。詳しくはこちらのサイトでご確認ください。

ブログトップ > カテゴリ - バックテスト

バックテストで使用する為替履歴のダウンロード

 前回の説明で、バックテストで使用する為替履歴は「Forexite」のサイトで公開されているデータを利用することを紹介しました。
 このデータを1つ1つ手動でダウンロードするのは相当な手間のかかる作業になります。そこで自動でダウンロードできる方法を紹介しましょう。
 「AutoForexite」という自動でデータを取得する便利なツールが公開されています。このツールは無料で利用できます。詳しくはこちらのサイトでご確認ください。

profile

atslab

Author:atslab
ATSLABへようこそ!FXトレードに関する情報を発信しています。
著者はプログラマー、FXトレーダーです。情報環境学という大学の研究機関で研究員を経て独立。FXは裁量トレード、システムトレード、コンピュータによる自動売買をそれぞれ併用して取り引きしています。これまで取引ツールをいくつもプログラミングしてきました。その中から取引に有効なツールを提供していきたいと考えています。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by atslab

Designed by マンゴスチンw

ATSLAB(FX初心者が読んで面白い!外国為替の自動売買システム研究所)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。