ブログトップ > アーカイブ - 2011年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > アーカイブ - 2011年05月

窓開け

 外国為替の相場は土曜日と日曜日はお休みです。金曜日のニューヨーク市場が終わると、次の取引が始まるのは月曜日のニュージランド市場ということになります。約48時間市場は閉じているのですが、月曜日の市場が開催されると、先週の金曜日の終値と乖離した価格で取引が始まることがあります。これを窓開け(まどあけ)と呼んでいます。下のチャートを見てください。注目してほしいのは月曜日のローソク足です。1本のローソク足とその右隣のローソク足との間に上下方向の隙間ができています。その隙間を「窓」といいます。隙間が開いているという意味で、「窓開け」といわれます。
 外国為替相場での窓開けは通常月曜日のみ起こります。そういう意味で月曜日は他の取引がある曜日とは異なるといえます。また金曜日も市場が閉まるという意味で他の曜日とは異なるといえます。曜日による状況の違いが、値動きにも反映されるかどうかを調べてみる必要がありそうです


img2011052301.png
スポンサーサイト

profile

atslab

Author:atslab
ATSLABへようこそ!FXトレードに関する情報を発信しています。
著者はプログラマー、FXトレーダーです。情報環境学という大学の研究機関で研究員を経て独立。FXは裁量トレード、システムトレード、コンピュータによる自動売買をそれぞれ併用して取り引きしています。これまで取引ツールをいくつもプログラミングしてきました。その中から取引に有効なツールを提供していきたいと考えています。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by atslab

Designed by マンゴスチンw

ATSLAB(FX初心者が読んで面白い!外国為替の自動売買システム研究所)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。