ブログトップ > スポンサー広告 > 為替の値動きと時間との関係

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > チャート > 為替の値動きと時間との関係

為替の値動きと時間との関係

 為替履歴のデータを横軸を時間、縦軸を価格で表したグラフをチャートといいます。下の図はそのチャートの一例です。
 このチャートで為替の値動きを見ると、ある特徴に気づくはずです。それは値動きの静かな時間帯と活発な時間帯があることです。図はGBPUSD(イギリスポンドとアメリカドル)の通貨ペアの一日の値動きを表しています。時間の方向は左から右で、その時間軸の9時、16時、21時は日本時間を表しています。一般的に外国為替市場の営業時間は、東京市場が日本時間の9時から17時、ロンドン市場が16時から翌日の1時、ニューヨーク市場が21時から翌日の6時までです。ロンドン市場、ニューヨーク市場は冬時間のときは1時間遅くなります。
 重要なことは東京時間と比べてロンドン時間とニューヨーク時間の値動きが大きいことです。すなわち為替市場は時間帯によって価格の上昇下降の方向性がわかりやすくなる傾向があることです。


img2011051201.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atslab.blog135.fc2.com/tb.php/11-f61fa98e

profile

atslab

Author:atslab
ATSLABへようこそ!FXトレードに関する情報を発信しています。
著者はプログラマー、FXトレーダーです。情報環境学という大学の研究機関で研究員を経て独立。FXは裁量トレード、システムトレード、コンピュータによる自動売買をそれぞれ併用して取り引きしています。これまで取引ツールをいくつもプログラミングしてきました。その中から取引に有効なツールを提供していきたいと考えています。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by atslab

Designed by マンゴスチンw

ATSLAB(FX初心者が読んで面白い!外国為替の自動売買システム研究所)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。