ブログトップ > スポンサー広告 > 外国為替の取引規模

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > 取引規模 > 外国為替の取引規模

外国為替の取引規模

 下の表を見てください。Wikipediaからの抜粋です。左の表は2010年4月の1日当たりの外国為替の取引額の統計です。1日当たりの為替取引が最も大きかったのは世界シェアが35%強のイギリスです。次いでアメリカ、日本と続いています。右の表は通貨別の外国為替世界シェアです。アメリカドルが世界シェア85%と圧倒的な取引量を誇っています。世界の基軸通貨といわれる所以です。
 前回話しました為替の値動きと時間との関係のチャート図をもう一度見てください。最も大きい取引規模のロンドン市場と、圧倒的な取引量の通貨の国アメリカが登場するニューヨーク市場が重なる時間帯、日本時間では21時から翌日の1時の時間帯が1日の中で最も活発に取引が行われ、値動きが激しくなります


img2011051301.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atslab.blog135.fc2.com/tb.php/12-6773695f

profile

atslab

Author:atslab
ATSLABへようこそ!FXトレードに関する情報を発信しています。
著者はプログラマー、FXトレーダーです。情報環境学という大学の研究機関で研究員を経て独立。FXは裁量トレード、システムトレード、コンピュータによる自動売買をそれぞれ併用して取り引きしています。これまで取引ツールをいくつもプログラミングしてきました。その中から取引に有効なツールを提供していきたいと考えています。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by atslab

Designed by マンゴスチンw

ATSLAB(FX初心者が読んで面白い!外国為替の自動売買システム研究所)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。