ブログトップ > スポンサー広告 > バックテストで使用する為替履歴のダウンロード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > バックテスト > バックテストで使用する為替履歴のダウンロード

バックテストで使用する為替履歴のダウンロード

 前回の説明で、バックテストで使用する為替履歴は「Forexite」のサイトで公開されているデータを利用することを紹介しました。
 このデータを1つ1つ手動でダウンロードするのは相当な手間のかかる作業になります。そこで自動でダウンロードできる方法を紹介しましょう。
 「AutoForexite」という自動でデータを取得する便利なツールが公開されています。このツールは無料で利用できます。詳しくはこちらのサイトでご確認ください。

 このツールの使い方を簡単に説明します。まず「GMT +1:00から ずらす量」のところでローカル時間に合せます。例えば、GMTと利用しているパソコンの時間差がプラス9時間(この場合日本時間になります)であれば、+8と入力します。次に「2001年~現在までのマージファイルを作る」にチェックを入れ、「実行」ボタンを押します。これでプログラムは実行され、利用者のパソコンに為替履歴がダウンロードされます。最初の1回はデータを全て取得するため時間がかかります。筆者のパソコンでは2011年5月31日までのデータを取得するのに3時間以上かかりました。2回目以降は差分のみの取得となるので時間は短くて済みます。また、CurrencyList.txtから不要な通貨を削除することで取得の時間を短縮できます。

img2011060401.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atslab.blog135.fc2.com/tb.php/35-54a4f232

profile

atslab

Author:atslab
ATSLABへようこそ!FXトレードに関する情報を発信しています。
著者はプログラマー、FXトレーダーです。情報環境学という大学の研究機関で研究員を経て独立。FXは裁量トレード、システムトレード、コンピュータによる自動売買をそれぞれ併用して取り引きしています。これまで取引ツールをいくつもプログラミングしてきました。その中から取引に有効なツールを提供していきたいと考えています。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by atslab

Designed by マンゴスチンw

ATSLAB(FX初心者が読んで面白い!外国為替の自動売買システム研究所)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。