ブログトップ > スポンサー広告 > 為替履歴について考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > 為替履歴 > 為替履歴について考える

為替履歴について考える

 為替予測に有効なデータを得るための基となるデータは為替履歴です。そして幸いにも為替履歴はインターネットを使って検索すれば簡単に見つけることができます。しかも無料で手に入ります。このブログの読者であるFXをこれからはじめようと思っている方にとって、初期費用がまったくかからないことほど、ありがたいものはないのではないでしょうか。
 為替履歴のデータ項目は一般的に「時間」「始値」「高値」「安値」「終値」「出来高」の6つです。そして決めた時間毎(たとえば、1分毎とか1時間毎とか1日毎など)にこれらのデータは記録されています。下の図がそれです。
 図のように数値の羅列を眺めているだけでは、統計的に考えるために必要なデータの特徴を見つけ出すのは難しく思えます。そこで為替履歴のデータをグラフにして表してみます。次の投稿を見てください。


img2011051101.png


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atslab.blog135.fc2.com/tb.php/9-7570adb9

profile

atslab

Author:atslab
ATSLABへようこそ!FXトレードに関する情報を発信しています。
著者はプログラマー、FXトレーダーです。情報環境学という大学の研究機関で研究員を経て独立。FXは裁量トレード、システムトレード、コンピュータによる自動売買をそれぞれ併用して取り引きしています。これまで取引ツールをいくつもプログラミングしてきました。その中から取引に有効なツールを提供していきたいと考えています。

entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by atslab

Designed by マンゴスチンw

ATSLAB(FX初心者が読んで面白い!外国為替の自動売買システム研究所)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。